Web模様

未経験からWebデザイナーになった私の備忘録

ウィジェットを表示させる条件を直感的かつ簡単に設定できるWordPressプラグイン「Display widgets」

      2015/12/30

こんばんは。

WordPress目下勉強中の私ですが
やっぱり一から全て自分でつくるとなるとだんだん頭がこんがらがってきます…

今日紹介するのは、ウィジェットを表示させる条件を
直感的かつ簡単に設定できるプラグイン「Display Widgets」です!

なんとこれ、ウィジェットごとに表示/非表示の設定ができるんです。
特定のコンテンツを
固定ページのみに表示させたい!投稿ページのみに表示させたい!
はたまた特定のページだけに表示させたい!
ってことありますよね。
Wordpress初心者の私にとっては嬉しいプラグインです。

Display Widgetsをインストールして、有効化するだけで
ウィジェットに設定項目が追加されます。

プラグインのインストール

ダウンロードページ

上記のURLからプラグインをダウンロードするか、
Wordpressのダッシュボードから
プラグインの新規追加からDisplay Widgetsで検索するとインストールできます。

Display Widgetsの使い方

プラグインをインストールして有効化にすると
ウィジェットに設定項目が追加され、使用できるようになります。

スクリーンショット(2015-12-30 0.04.16)

「Show Widget for」で表示させる対象のユーザーと表示/非表示を選択します。

Everyone:全員
Logged-out users:ログアウト状態のユーザー
Logged-in users:ログイン状態のユーザー
Hide on checked pages:チェックを入れたページを非表示にする
Show on cheked pages:チェックを入れたページを表示する

そして最後に選択したいページやコンテンツにチェックを入れ、
保存で完了です。

とても簡単で便利なプラグインなので活用してみてはいかがでしょうか。

 - web , ,